印刷

武蔵分教室 授業の様子

                    

武蔵分教室には、国立精神・神経医療研究センター病院に入院している児童・生徒たちを対象にした学級「センター内学級」と、地域にある病院に入院している児童・生徒たちのところへ教員が訪問して授業を行う「病院訪問学級」とがあります。
 
分教室のセンター内学級は、国立精神・神経医療研究センター病院に入院している小学校1年生から中学校3年生までの児童・生徒と、武蔵分教室高等部に入学を希望する生徒を対象に指導しています。

長期在籍児童・生徒の授業は、病棟ごとに学習グループを組んでいます。医療スタッフと連携しながら、一人一人の支援内容に応じたきめ細やかな指導を工夫しています。

短期在籍児童・生徒の授業は、手術や治療・検査などで入院する学籍児童・生徒を対象に行っています。入院期間(2週間程度~数ヶ月)にあわせて籍を移した児童・生徒が対象となります。1日1コマ~4コマ、治療経過や体調にあわせて医療スタッフと連携をとりながら授業回数や指導内容を決めます。

病院訪問部は多摩地域の病院に病気やけがなどで入院した小学生から高校生までの児童・生徒が、教員や東京都が新たに設けました病弱支援員が各病院に訪問して学習指導や学習支援を行います。


詳細につきましては、別のページ「武蔵分教室案内」をご覧ください。

 

 

 

〒187-0035 東京都小平市小川西町2-33-1
電話 : 042-342-1671 ファクシミリ : 042-344-0036
E-mail : ml-kodaira01(at)section.metro.tokyo.jp   ※ (at) は @ に置き換えて下さい.